銀行カードローンの特徴

  カードローンには、大きく2種類あります。
銀行が提供する銀行カードローンと、消費者金融など銀行以外の金融機関が提供するカードローンです。
銀行カードローンの大きな特徴と言えるのは、総量規制の対象となるかどうかです。
総量規制とは、貸金業法で定められたもので、借入金の総額を年収の3分の1を超えないように規制するものです。
この規制によって、多額の借り入れをすることが難しくなりました。
しかし、銀行カードローンは、この総量規制の対象にならないのです。
銀行カードローンは、銀行が提供していることから、貸金業法ではなく銀行法が適用されます。
このため、総量規制に関係なく、高額な借り入れをすることができるのです。
金利にも特徴があります。
銀行カードローンは、消費者金融などのカードローンに比べて金利が低めに設定されていることが多くなっています。
総量規制がない、金利が低い、と銀行カードローンの方がいいことずくめに見えますが、消費者金融に比べて審査に時間がかかるという特徴もあるようです。
審査の方法は会社によって異なるので、どちらが審査に通りやすいかは一概には言えないのですが、実際に申し込んだ人の声では、銀行カードローンの審査には落ちたけど、消費者金融の審査は通過したという声が多いという事実もあります。 

銀行カードローンの審査を受ける際に注意しておきたいポイントは?

  銀行カードローンは、利用条件として『年齢制限以内であること』、『安定かつ継続的な収入があること』そして『保証会社の保証を受けられること』があります。
しかし、これらは審査により判断され、申込情報からのスコアリング審査と個人信用情報の照会により、与信判断を行った上で保証可否が決定されます。
先ず、スコアリング審査で重要な基準となるのは、職業属性や勤続年数、そして年収が重要視されます。これは、返済能力が伴っているかを確認する基準であり、職業は安定した職業であり、勤続年数も長く、収入もそれなりに高い方が有利になります。勤続年数が少なく年収が高いというケースの場合、勤続年数が長く収入は低いものの安定している方が審査には有利となります。長く勤続しているということは、より安定した収入を得ているという指標になります。
次に重要視されることは、他社借入件数と金額ですが、銀行カードローンの場合は5社以上の借入先があると審査は通り難くなります。その理由としては、多重債務の問題があるだけでなく、信用度が低く、少額の融資しか受けられないといった判断になってしまいます。
さらに、審査基準として厳しいのが、金融取引履歴に事故情報が無いことであり、返済の遅延や滞納といった情報が目立つ場合、審査が厳しくなります。また、重大な金融事故として債権回収・強制解約・保証履行・債権譲渡といった内容が個人信用情報に残っていると審査は殆ど通過出来なくなります。
スコアリング審査の評価をアップすることは容易ではないものの、事故情報がある状態で申し込みをするのは避けることが出来ます。また、他社借入件数は、クレジットカードのキャッシング枠を解約したり、不要なクレジットカードを全て解約することで審査に不利な条件を少なくすることが可能です。 

銀行カードローンは利用残高リボルビングスライド方式なら増額返済や繰り上げ返済が重要!

  銀行カードローンは、口座引落により毎月返済するのが一般的です。しかし、利用残高リボルビングスライド方式と定額返済のどちらが最終的に返済する金額が少なくなるのか気になる筈です。どちらが有利かというと、総返済金額を少しでも抑えるのであれば、毎月の返済額は高くなるものの、定額返済の方がおすすめです。一方、利用残高リボルビングスライド方式の場合、前月度の利用残高に応じ、最小返済額が決まるため、自動引落分だけの返済では返済期間が長期化するため、利息により総返済額が割高になってしまいます。
銀行口座からの自動引落により、返済漏れといったリスクが回避できるものの、無駄な利息を返済するのが非常に勿体ないことになります。そこで、余裕がある時はどんどん繰り上げ返済を行い、前月度の利用残高を下げることが重要になります。定額返済の場合、計画的な返済が可能なものの、余裕を考慮することが難しくなり、節約をして返済に充てる必要性もあります。
しかし、利用残高リボルビングスライド方式は余裕がある時にどんどん返済すれば、効率的に元本を返済することが可能になり、生活に負担無く返済も可能です。また、利用残高リボルビングスライド方式のカードローンを選択する場合でも、安易に最低返済額が2千円となるものよりも5千円という方が返済効率も良く、10万円毎に2千円が追加されるよりも『20万円超50万円以下は1万円』といったように、ある程度纏まった返済金額になるのがおすすめになります。 

銀行カードローンで返済が遅れる場合は事前に連絡することが重要!

  銀行カードローンは、契約者の信用度を審査した上で、融資可否や融資額を決定しています。そのため、もし返済期日までに間に合わない場合は、事前に連絡した上でいつまでに返済をするのか伝えることが重要です。
そのまま、何も連絡せずに返済を滞らせるよりも適切な対応であり、遅延損害金を支払うこととなっても、マイナス評価にはなりません。特に長い期間、契約を継続して利用限度額を増額することを検討しているのであれば、都度対応していくことが重要です。
そもそも、何も理由がない上、連絡もせずに遅延や滞納を続けることで、銀行側に与える印象はどんどん悪くなっていきます。しかし、返済期日までには間に合わなかったものの、連絡があり約束通りに返済を行えば、契約更新時や増額審査時にその対応が考慮されることとなります。
今では、多くの銀行が返済が多くれる場合、フリーダイヤルへ連絡するという対応方法を『よくある質問事項』に掲載しており、銀行が認めている方法となっています。 

銀行カードローンの在籍確認はどのように行われるの?

  銀行カードローンの審査を申し込んだ際、仮審査中に勤務先へ在籍確認の電話があります。在籍確認の電話が行われるタイミングですが、申込情報からのスコアリング審査と個人信用情報の照会、保証会社の審査が通過した段階で行われる最終チェックとなります。
しかし、一番気になるのが『どの様な電話なのか』、『銀行名を名乗るのか』そして『勤務先にバレないか』ということです。カードローンを審査では、申込者のプライバシーに配慮した対応がされており、勤務先の同僚にバレるといった心配は殆どありません。
在席確認の電話は、担当者個人名で行われるのが一般的であり、契約申込者へ電話が繋がるかどうかを確認します。応対内容としては、『Aと申しますが、○○様はいらっしゃいますか?』といった在り来たりな問い合わせ内容です。
この際、契約申込者本人以外にはカードローンの内容を説明することは無いため、安心して在籍確認を受けることが出来ます。もし、不在だったとしても、『休暇を頂いております』、『席を外しております』そして『出張(外出)をしております』といった回答があれば問題はありません。この際に、『在籍していない』と回答が無ければ、基本的に審査には影響しません。
また、本人が応対した場合は、本人確認のため、氏名確認と生年月日の確認を行い、契約内容を口頭で確認されます。自分自身で契約内容について回答することが無いため、周囲にローン審査だと気付かれることは殆どありません。
在籍確認がどの様な方法で行われるか、一番心配になりますが自分自身でカードローンの審査と話さない限り、分からないようになっています。 

みずほ銀行カードローンがおすすめです

  みずほ銀行カードローンがおすすめです。
まず銀行カードローンということで総量規制対象外なので消費者金融よりかは借りやすくなります。そしてみずほ銀行というネームバリューと背景の安心感もありますし、借りるなら是非おすすめです。
はじめは10万円からの借り入れが借りやすいです。そして半年ほど遅れることなく返済を続けていれば増額の案内がきます。これも大手の強みで優良なお客さんには更に利用していただこうと資金を惜しみ無く使います。
お互い利用する側も借入額がアップするし、貸す側も返済額が増えればいいお客さんになります。
みずほ銀行のよいところはまだあり、みずほ銀行の口座を持っていれば(作れば)口座からの毎月の返済が自動引き落としできるという点です。つい返済日わ忘れたとか勘違いして違う日にちだと思っていたという事が無いように口座からの引き落としなら忘れることはありません。しっかり入金さえしておけば大丈夫です。
ATMだけで借り入れ、返済が済むというメリットがあります。