三井住友銀行カードローンはスペックも高いが契約手続きの行い易さが魅力!

  三井住友銀行カードローンは、年利4.0~14.5%の低金利と最高限度額800万円というスペックの高さの他にも、他銀行カードローンと異なる特徴があります。
銀行カードローンの多くは、インターネットからの申し込みとWEB完結に対応しているものの、借り入れをするためには専用ローンカードを郵送で受け取る必要があります。
しかし、三井住友銀行カードローンであれば、インターネットからWEB完結で手続きが出来るだけでなく、ローン契約機やプロミスの自動契約機から専用ローンカードを受け取ることが出来ます。
また、審査時間は最短30分と銀行カードローンでありながら、消費者金融のカードローン審査と遜色が無くなっています。つまり、銀行カードローンでありながら即日で融資を受けられる可能性が高いというのが最大の魅力です。銀行カードローンの場合、自動契約機が少ないなどといった問題があるものの、三井住友銀行カードローンはプロミスの自動契約機が使えるため、日本全国どこでも契約することが出来ます。
自動契約機もプロミスの看板を探すだけで済むため、地方だからメガバンクのカードローンを契約し難いという問題を解決しています。 

審査内容は他銀行と同様ではあるものの、金利が低いため審査基準は厳しめ!

  三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外ではあるものの、職業属性という面で基準が他銀行カードローンに比べ厳しめです。
通常、銀行カードローンの場合、専業主婦も配偶者に安定した収入があれば融資対象となるものの、三井住友銀行カードローンは契約が出来ません。
職業属性という面での審査基準は、ハードルか他社に比べ少し高めと言えます。
審査自体は、スコアリング判定や個人信用情報の照会が行われ、保証委託先のSMBCコンシューマーファイナンスの保証可否審査を受けます。
また、審査においては職業属性や勤続年数、他社借入件数や金額といったことが返済能力を判定されます。例えば、正社員かつ勤続年数も長くなれば、安定した収入あると判断でき、他社借り入れが少なければ審査条件としては有利になります。
安定した収入の指標となる勤続年数としては、6ヶ月以上勤務しているのが一定のラインとなり、より安定した収入を証明するためには1年以上の勤務している方が良くなります。
さらび、個人信用情報の照会においては、銀行が利用する個人信用情報期間の情報も開示されるため、自己破産や個人再生など官報に情報が残っている方は審査を通過出来ません。
また、申し込みブラックや他社借入における取引状況で金融事故が無いことが重要になります。申し込みブラックは、多重債務のリスクや信用度が低いということで審査の一番初めで弾かれてしまうことになり、前回の申し込みから6ヶ月以内の申し込みは絶対に避ける必要があります。
つまり、三井住友銀行カードローンは金利上限が低く設定されているため、与信状況が良好と判断されるのが重要になってきます。
特に公式ホームページ上でもSMBCコンシューマーファイナンスの「PROMISE」の商品案内がある点を考えれば、銀行カードローンの中でも審査基準は高めと判断出来ます。 

三井住友銀行カードローンはどんな人におすすめか

  三井住友銀行カードローンはどんな人におすすめか?銀行カードローンということで年収の1/3以上の借り入れが可能となることが最大の特徴だと思います。他社から年収の1/3まで借り入れしている人にはおすすめです。総量規制法が引っ掛かるので消費者金融のカードローンでは年収の1/3以上の借り入れが出来ません。しかし三井住友銀行カードローンは銀行カードローンなのでこの総量規制対象外なのです。どうしてもまだ借り入れがしたい人には銀行カードローンの三井住友銀行カードローンをおすすめします。そして審査も消費者金融よりは通りやすいです。三井住友銀行なので普通口座とカードローン口座がATMで同じように使えるので消費者金融に入るという周囲の目を気にするということもありません。銀行のATMに入って普通に口座の入出金をするようにカードローンの借り入れ、返済が出来るのです。申込もATM横に専用ルームもあるのでプライバシーにも配慮ています。