みずほ銀行カードローンならみずほ銀行の住宅ローンを契約していたらおススメ!

  住宅ローンとカードローンは深い関係があり、カードローンを契約していると住宅ローンが通り難いといったことが一般的に有名ですが、その逆である住宅ローンを契約しているとカードローンの審査が厳しくなります。
しかし、みずほ銀行カードローンの場合、住宅ローンを借り入れしていても契約出来る可能性がある上、金利優遇も受けられるというメリットがあります。
特にみずほ銀行カードローンは、コンフォートプランでも上限金利14.0%と低く設定されているものの、住宅ローン契約により金利0.5%の優遇を受けられれるのは魅力的です。
また、住宅ローンを契約しているということが、審査条件として不利になるのに対し、住宅ローンとの組み合わせが可能と掲げている点は契約出来る可能性がアップしているとも言えます。
無担保ローンを契約する際、高額な借り入れがある状態では債務超過時の融資リスクが増大しますが、みずほ銀行カードローンと住宅ローンの組み合わせは最悪の場合に於いては担保があるということになります。
先ずは、みずほ銀行の住宅ローンを契約していて、キャッシングを検討するのであれば他社のカードローンよりも第一候補とするのがおすすめです。 

融資対象は一般的!でも、保証会社の審査は厳しめ…

  みずほ銀行カードローンの魅力は、総量規制対象外かつ上限金利14.0%の低金利にあります。また、融資対象者の範囲が広く、安定した収入があればパートやアルバイトでも系や鵜することができ、専業主婦も配偶者に安定した収入があればOKです。
ただし、みずほ銀行カードローンは金利が低く設定されていることから、収入面での審査基準は他銀行カードローンに比べ厳しく、200万円から収入証明が必要となっています。
また、収入に基づく返済能力だけでなく、他社借入件数や金額も厳しめであり、4社以上の借り入れから審査が厳しくなり、5社を超えると審査を通過することが難しくなります。
さらに、収入に占める負担率も審査に影響するため、高額な融資になるほど、収入面でのチェックが厳しくなります。
そして、一番の難関が保証会社の審査を通過することですが、保証会社の中でも審査が厳しい信販系となるため、他社借り入れ以外にもクレジットカードの利用状況も細かくチェックされます。
そのため、申し込みの際はローンの返済だけでなく、クレジットカードの利用状況にも注意が必要であり、複数枚のクレジットカードを利用し、支払を行っているもの避けることが重要です。
みずほ銀行カードローンを新規で契約する際は、先ず必要なクレジットカードを限定し、不要なものを解約する他、個人信用情報の事故履歴や申込時の照会履歴にも要注意です。
まずもって、申し込みブラックや金融事故履歴が残っている場合、審査を通過することは不可能です。 

多忙な方には便利でさらに特典つきのみずほ銀行カードローン

  みずほ銀行のカードローンはみずほ銀行に口座をお持ちの方はWEB完結申し込みを利用すると24時間申し込めて、最短即日で審査が完了し利用できます。
しかもみずほ銀行のキャッシュカードを持っているか、みずほダイレクトを利用していれば、利用限度額200万円までは収入証明書の提出も不要なので仕事が忙しいとか、お家の方の介護をしていて、役場や銀行に行かれないけれども、急にお金が必要になったという方には有難い仕組みです。最大利用限度額は1000万円までなので、時間があれば用意できる金額だけど、すぐに大金を用立てたい時使えるローンですね。また、これを使うメリットとしては普通預金のキャッシュカードかカードローン専用カードで借りれば、みずほ銀行ATMのコンビニ時間外手数料と利用手数料、他行あての振り込み手数料まで月に4回まで無料となります。普段からみずほATMで支払いや振り込みをしている方には嬉しい特典ですね。もしも住宅ローンをみずほ銀行で利用している方が同じ店で利用すれば金利が優遇の可能性があります。普段みずほ銀行をご利用の方、多忙な方が急な出費に対応したい時には絶対便利なカードローンです。